工法と空調、自然素材にこだわる健康住宅

安心と安らぎを感じながら、家族みんなが笑顔で健やかに暮らすことができる住まいこそが理想の形です。私たちは、工学博士矢野宣行氏※が提唱する、工法の4原則・空調の4原則からなる「健康住宅8条件」を守り、お客様の快適な暮らしを支える「健康住宅」を提供しています。

※「全国健康住宅サミット」主宰・同サミット協議会会長

 

「健康住宅8条件」を守ることで実現する住環境とは

外の環境より家の中の空気の方がきれいな高気密高断熱住宅。家の中の温度差が少なく、一度暖めたり、涼しくしたりすると、魔法瓶のように長時間室温を一定に保つことができるため、ランニングコストも抑えられます。全館空調システムと空気の流れを作る風の道設計により部屋間の温度ムラや熱だまりをなくすことで、カビやダニの原因となる湿気の発生を抑えます。窓を閉め切っていても室内には新鮮な空気と風がめぐる、快適で健康的な空気環境が実現します。